[ 2016/09/27 | Posted by ]
【神戸会場】10/21(金) 少人数ワークショップ 粒子形状画像解析と粉体流動性評価

粒子形状画像解析と粉体流動性評価 ワークショップ in 神戸2016年10月21日(金) 10時~17時(受付開始:9時30分~)会場:神戸国際ビジネスセンター4F会議室 (ポートライナー医療センター駅 徒歩2分)定員:20名様(限定とさせていただきます。)参加費:無料粒子画像解析システム モフォロギG3と粉体流動性評価装置 パウダーレオメーターFT4の技術紹介・実機使用ワークショップを開催します。ご希望の方は、以下のフォームより必要事項をご記入の上、お申込みください。このワークショップは・・・粉体流動性と粒子形態の関係性に興 [...]

続きを読む »

カテゴリー

イベント情報 , 粒子画像イメージング分析装置 , 粉体流動性分析装置 , セミナー・学会・展示会 »

[ 2016/09/27 | Posted by ]
【神戸会場】10/21(金) 少人数ワークショップ 粒子形状画像解析と粉体流動性評価

粒子形状画像解析と粉体流動性評価 ワークショップ in 神戸2016年10月21日(金) 10時~17時(受付開始:9時30分~)会場:神戸国際ビジネスセンター4F会議室 (ポートライナー医療センター駅 徒歩2分)定員:20名様(限定とさせていただきます。)参加費:無料粒子画像解析システム モフォロギG3と粉体流動性評価装置 パウダーレオメーターFT4の技術紹介・実機使用ワークシ [...]

続きを読む »

イベント情報 , マイクロカロリメトリー , 示差走査型カロリメトリー , 等温滴定型カロリメトリー , セミナー・学会・展示会 »

[ 2016/08/30 | Posted by ]
第52回熱測定討論会に参加します<br>(2016年9月28日(水)~30(金))

マルバーンは、日本熱測定学会主催の第52回熱測定討論会に参加します。日程: 2016年9月28日(水)~30日(金)会場: 徳島大学常三島キャンパス主催: 日本熱測定学会 詳細、申込みについては、日本熱測定学会の

続きを読む »

イベント情報 , 粘度・粒子径測定装置 , MicroCal製品 , セミナー・学会・展示会 »

[ 2016/08/29 | Posted by ]
第89回日本生化学会大会に参加します<br>(2016年9月25日(日)~27日(火))

マルバーンは、第89回日本生化学会大会 附設展示会に参加します。 日程: 2016年9月25日(日)~27日(火) 会場: 仙台国際センター、東北大学川内北キャンパス 詳細については、第89回日本生化学会大会のWebsiteをご覧ください。 マルバーンブースでは ●ミニセミナーを開催します。 ●ご紹介する装置  超高感度等温滴定型カロリメータ [...]

続きを読む »

イベント情報 , 製品情報 , 技術情報 , セミナー・学会・展示会 »

[ 2016/08/23 | Posted by ]
【お知らせ】第5回「分析機器・科学機器遺産」認定事業においてマルバーン装置が認定されました

マルバーンが1971年に開発・販売した「デジタル式相関計・確率解析装置 K7023」が、一般社団法人日本分析機器工業会と一般社団法人日本科学機器協会が主催する第5回「分析機器・科学機器遺産」認定事業において、遺産に認定されました。 9月7日から幕張メッセで開催する展示会「JASIS2016」に合わせて、認定証授与式が行われるとともに、同展示会の会期中、実機の展示 [...]

続きを読む »

イベント情報 , セミナー・学会・展示会 »

[ 2016/08/23 | Posted by ]
JASIS2016に出展します

マルバーンは、JASIS2016に出展します。 展示ブースと、展示ブースと、「分析機器・科学機器遺産コーナー」に装置を展示します。 ご来場をお待ちしております。会期: 2016年9月7日(水)~9日(金)会場: 幕張メッセ 国際展示場 マルバーンブース: 5ホール No.5B-305 分析機器・科学機器遺産コーナー: 7ホール イベントスクエア事前入場登録はこちら出展製品、新技 [...]

続きを読む »

イベント情報 , レオロジー特性 , 回転型レオメーター , キャピラリー型レオメーター , レオロジー , セミナー・学会・展示会 »

[ 2016/08/02 | Posted by ]
ICR2016 (The XVIIth International Congress on Rheology) <br>(2016年8月8日(月)~13(土))に参加します

マルバーンは、ICR2016 (The XVIIth International Congress on Rheology) に参加します。オリンピックのように、4年に1回開催される、レオロジーの国際学会。4年前の2012年は、ポルトガルで開催されましたが、今年は、京都での開催となりました。世界中からレオロジー研究の第一線で研究されている方々が集まり、最新研究や動向が発表されます。 日程: [...]

続きを読む »