第17回日本蛋白質科学会年会

第17回日本蛋白質科学会年会


マルバーンは第17回日本蛋白質科学会年会に参加いたします。

今年は、昨年より規模を拡大してマルバーンブースをオープンいたします。さらにランチョンセミナーは2日間にわたって開催。蛋白質解析のプロフェッショナルである先生方にお話いただきます。

各ランチョンセミナーのチケットを各先着50名様に優先でお渡しします。ご希望の方は、以下のフォームよりお申込みください。

第17回 日本蛋白質科学会年会

日時 2017年6月20日(火)-22日(木)

会場:仙台国際センター


ランチョンセミナー

  • 6月20日(火) 1LSE マルバーン(スペクトリス株式会社)
 等温滴定型熱測定を用いた蛋白質間の相互作用の熱力学 
 大阪大学蛋白質研究所 李 映昊先生
  会場:E会場(展示棟 会議室4) 12:00-12:50

  • 6月21日 (水) 2LSE マルバーン(スペクトリス株式会社)
 蛋白質溶液物性の理解に基づく安定化戦略
 大阪大学工学研究科/岡崎統合バイオ/広東工業大学 内山 進先生
 会場:E会場(展示棟 会議室4) 12:00-12:50


新製品 熱安定性解析装置 示差走査型カロリメーター MicroCal PEAQ-DSCも展示

企業展示では、新製品のMicroCal PEAQ-DSCも展示します。また、マルバーンの専任の学術担当が製品をご紹介いたしますので、ぜひお立ち寄りください。

展示製品
熱安定性解析装置 示差走査型マイクロカロリメーター  MicroCal PEAQ-DSC


分子間相互作用解析装置 等温滴定型カロリメーター MicroCal PEAQ-ITC

パネル展示
粒子径・ゼータ電位・分子量測定装置 ゼータサイザーナノシリーズ
微量粘度・サイズ測定装置 ビスコサイザーTD



ランチョンセミナーのお申込みは以下のフォームよりお申込みください。



別途お申込み受付中!:The 2nd Malvern Bioscience Conference バイオ医薬品開発に向けた物性解析



お客様からご提供いただいた個人情報をどのように集め、使用し、保護するかについての情報は、個人情報の取扱い(プライバシーポリシー)をご覧ください。 情報を入力し、[送信]ボタンを押すことをもって、「プライバシーポリシー」に同意頂いたことになります。
受付は終了しました。