熱量測定を用いた蛋白質の凝集反応の研究 Part2
音声付プレゼンテーション

音声付プレゼンテーション 熱量測定を用いた蛋白質の凝集反応の研究 Part 2


大阪大学 李先生によるウェブセミナーが2017年4月27日(木)に行われました。大変ご好評をいただきまして、たくさんの方にご参加いただきました。ありがとうございました。

このページは、音声付プレゼンテーションのPart 2のご案内です。


演題
熱量測定を用いた蛋白質の凝集反応の研究
Biocalorimetric approach for the study on disease-related protein misfolding and aggregation.

音声付プレゼンテーションをご用意しました!!

音声付のプレゼンテーションをご用意しました。ウェブセミナーにご参加できなかった方も、もう一度内容を詳しく聞きたい!という方もぜひご覧ください。

このウェブセミナーで学べるのは・・・?
  • ITCとDSCの概要
  • 蛋白質の凝集反応を研究する意義
  • ITCとDSCを用いた最新の蛋白質凝集反応の研究

こんな方におすすめ!
  • 蛋白質の凝集について興味のある方
  • 蛋白質の物性について研究されている方
  • カロリメーターをお使いの方

なお、このプレゼンテーションはPart1とPart2に分かれています。
こちらはPart2のプレゼンテーションです。

プレゼンテーションは約16分です。


Part1はこちらのページよりご覧ください。



ダウンロード