創薬開発におけるMicroCal
お役立ちコンテンツ Vol.3

創薬開発におけるMicroCal お役立ちコンテンツ Vol.3です!

お役立ちコンテンツVol.1はこちら
お役立ちコンテンツ Vol.2はこちら



コンテンツ1:MicroCal DSC-アプリケーションノート
「示差走査型カロリメトリーを用いたタンパク質バイオ医薬品の液体製剤開発の促進」

このアプリケーションノートでは、抗体をはじめとするバイオ医薬品、特に液体製剤の開発にお
いて、DSCがどのように活用されているかについて説明しています。液体製剤の課題としては、物理的安定性を最大限に保ち、化学的分解等を最小限に抑え、溶液中でのバイオ医薬品の安定性を保つことです。また、投与量を少なくするために、高濃度に調整する必要があります。これらの点から、溶液中にあるタンパク質の構造と安定性の解析は極めて重要と考えられています。
DSCは、タンパク質バイオ医薬品の安定性を研究する上でキーとなる物理化学的手法の1つであり熱安定性の測定および長期安定性の指標を提供します。
左図は、抗体を異なる12種類の処方条件で処理したときのDSC測定データ、右図は、それぞれのTm値 を示しています。グレーの矢印は、同じ処方条件のサンプルを、他の分析方法で評価した際、不適切とみなされた条件を示しています。

DSCは、タンパク質特性評価と製剤開発の初期フェーズできわめて有効な技術と考えられます。 タンパク質安定性に関する重要なデータが速やかに得られ、また、液体製剤開発プロジェクトをサポート、迅速化するためのガイドとして用いることができます。

アプリケーションノートダウンロードはこちら




コンテンツ2: MicroCal PEAQ-DSCの概要動画
MicroCal PEAQ-DSC a DSC for the Requlated Environment

【トピック】
このYouTubeでは、2017年4月に販売開始となったMicroCal PEAQ-DSCの概要について説明しています。格段に使いやすくなったソフトウェアを是非ご覧ください。(4分)


MicroCal PEAQ-DSCに関してはお問い合わせフォームよりお問い合わせください。



コンテンツ3: DSC Origin ソフトウェアでTmはどのように求めているのでしょうか?

【内容】
MicroCal VP-DSCおよびVP-Capillary DSCをご使用の方が対象となります。
DSCでは2つのTmの求め方があります。本来のTmは、50%がNative、50%がUnfoldな状態の温度を示します。ですが、一般的には、ピークトップをTmとして評価することが多いです。
ここでは、MicroCal DSCのOrigin解析ソフトウェアで、どのようにしてピークトップを求めているかについて説明します。





プレゼンテーションのダウンロードはこちらから


お客様からご提供いただいた個人情報をどのように集め、使用し、保護するかについての情報は、個人情報の取扱い(プライバシーポリシー)をご覧ください。 情報を入力し、[送信]ボタンを押すことをもって、「プライバシーポリシー」に同意頂いたことになります。